痩せるどころかむくみボディに?「水分のNG摂取法」3つ

「水分は多くとった方が良い」という情報をメディアや雑誌等で見かけたことがあるかと思います。

人間の身体は約60%が水分からなっています。積極的にとった方が良いのは確かですが、間違った方法で飲むと痩せるどころかむくんで、太りやすくなってしまいます。

水 飲み方

管理栄養士の筆者が、やりがちな「水分のNG摂取法」についてご紹介します。

(1)冷たい水を一気飲みする

冷たい水は、血管を収縮させ内臓機能を低下させます。水分は常温か、温かいものが良いでしょう。

どうしても冷たいものが飲みたい場合は、口の中で温めてから飲み込むようにしましょう

(2)水分摂取量が1日500ml以下

1日を通して汗や尿で排出される水分量は2〜2.5lほどといわれています。食事でとる水分は600mlほどです。

摂取する水分量が500ml以下であったら、体内の水分量はほとんど足りなくなってしまいます。水分量が足りないと「筋肉量の低下」「便秘」「肌荒れ」「基礎代謝の低下」「むくみ」などが起こり、ダイエットや美とは程遠くなってしまいます。

水分として飲むことがむずかしかったら、食事で補いましょう

(3)カフェイン入りドリンクを大量に飲む

ダイエットに支障はありませんが、カフェインには利尿作用があるので要注意です。

カフェイン入りドリンクを飲む場合は、プラスで同量の水分をとりましょう

一気に飲むと必要ない量が体外に排泄されてしまうので、水分は少量を頻回に飲むことをおすすめします

いかがでしたか? たかが水分、されど水分です。摂取の仕方ひとつで、スタイルやアンチエイジングに影響があるので、心当たりのある方はできることから始めてみてください。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

情報元リンク: 30代から40代の美容を“楽”にする、美容・美肌マガジン
痩せるどころかむくみボディに?「水分のNG摂取法」3つ

関連記事

  1. お悩み解決!「今晩の夕食」4つのジャンル16品で献立上手♪

  2. ★タロット占いから読み解く12星座占い★2019年6月1日〜6月15日…

  3. 険しい顔で老け見え?筋肉をゆるめて優しい顔になる簡単ケア

  4. ニットは太って見える説。すっきり見せるデザインを押さえて着膨れとオサラ…

  5. ミランダ・カーも注目!?発酵食が手軽に!「味噌パウダー」

  6. 若葉の頃、新しい靴を求めて。‘年齢別’オーダーメイド断捨離術&サマーS…

  7. GU年末年始セール第2弾♡今年ラストの大売り出しへGO!

  8. 春はヘルシーコーデが着たくなる。女の子らしく楽しむストリート&スポーテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気の記事

  1. 美容の記事

  2. 大人メイク

  3. 美容の記事

  4. 美容の記事

  5. 美容の記事