NOと言っても愛される人の「丁寧な断りフレーズ」3つ

「NO」ということが苦手だ、という方は多いのではないでしょうか?

お誘いが多い年末の時期に、どうしてもNOといわなければならないシーンでは断り上手になりたいですね。

NOと言っても愛される人の「丁寧な断りフレーズ」3つ

ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、愛される人のフレーズ例を3つお伝えします。

■愛される人のフレーズ例3つ

(1)要求を断る

「今回はお役にたてそうになく、申し訳ございません。また別件で、お役にたてますよう尽力いたします」と、今後は役に立ちたいという気持ちを伝えましょう。

(2)誘いを断る

「お誘いありがとうございます。たいへん残念ですが、あいにく〇日は先約がありまして、お伺いすることができかねます」と、「できません」という否定形より、「できかねます」という肯定形にしましょう。

(3)お酒を断る

「申し訳ありません。私、不調法ですので、どうぞ○○さん、召し上がってください」と、相手にお酌しましょう。

断りベタの方は、「断ると関係が不味くなるかもしれない」と思いがちですが、特別なケースでない限り「相手はダメ元で誘っている」と思えば、断りやすくなるかもしれません。

伝え方も重要です。クッション言葉(気配り言葉)である「たいへん残念ですが」「行きたかったのですが」などを使うことで、相手への配慮の気持ちが伝わります。

また、「来週なら空いています」「○○は、いかがですか?」など、代案を提示することも大切です。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

【関連記事】
やりくり上手!2018年「マネー運」が好調な星座TOP3
「財布」で運を呼び込む!12星座別おすすめポイント
“3D言葉”はNG!愛される人が実践する会話術3つ
あなたの“姫タイプ”は何?魅力アップの秘訣がわかるテスト

情報元リンク: 30代から40代の美容を“楽”にする、美容・美肌マガジン
NOと言っても愛される人の「丁寧な断りフレーズ」3つ

関連記事

  1. 使い勝手抜群な秋の必須アイテム☆《タートルネックニット》の着回しコーデ…

  2. [必読!]大人気ダイエットアドバイザー・Martyさんの初となる著書が…

  3. 連休こそ自分にご褒美を!美容家おすすめの「贅沢マスク」

  4. ブラウンだけじゃない!色を楽しむ「新作アイシャドウ」3選

  5. 人生には決断力が必要! 身につけ方とは?

  6. ペタンコもパサパサも即ツヤ髪に!「プロ用スタイリング剤」

  7. アンニュイさのある、こなれレディに♪ナチュラルな揺れ髪で大人女性に変身…

  8. 朝にするとキレイになる?あまり知られない「朝キス」の嬉しい効果4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気の記事

  1. 美容の記事

  2. 季節メイク

  3. 美容の記事

  4. 美容の記事

  5. 美容の記事