20世紀前半、女の子カラーはピンクじゃなかった。真のgirl色を探る、色使い術

ピンク=女の子の色、という概念が当たり前のようにありますが、ずっとそうだった訳ではないのです。そうとなると、「女の子らしい服って何だろう?」なんて考えさせられてしまいますが、その答えはあなたの中にあるのかも。この記事では、ピンクやそれ以外のコーディネートやオススメのアイテムをご紹介しています。
情報元リンク: MERY [メリー]
20世紀前半、女の子カラーはピンクじゃなかった。真のgirl色を探る、色使い術

関連記事

  1. 私は大好きなのに…彼氏と別れたくない女性が倦怠期を乗り越える方法

  2. 痩せ&美肌が叶う!「こんにゃくセラミド」豊富なレシピ

  3. バレンタインの「作りすぎた」は口実になるかも。友チョコ大量生産GIRL…

  4. 2人で飲みに行かない?大衆居酒屋抵抗girlのためのデートカジュアル入…

  5. 2018クリスマスコフレ徹底レビュー!第21弾|ADDICTION★

  6. 水をあげなくてもいいなんて、嘘。恋愛ご無沙汰“サボテンガール”の取り扱…

  7. ポーチを忘れたらコンビニへGO!ヘアメイクのプロが教える本当に使えるコ…

  8. フラットサンダルで旬の足元を手に入れる♡歩きやすいのにオシャレ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気の記事

  1. 季節メイク

  2. 美容の記事

  3. 購入コスメ

  4. 美容の記事

  5. 美容の記事